モニター、懸賞の話や、情報! また、ぐりんがお得だと思うことや日々の生活をつづってます
9月ですね☆
2016年09月01日 (木) | 編集 |
やっと終わった夏休み~長かったよね☆

さて、30日の日に、イベントが中止になってしまったので、娘が「ママ、映画見に行こうよ!」って言ってたんです。
ドリーかルドルフね・・・
が!!!!宿題が終わってないことが発覚
数日前に、「宿題終わった?」って聞いたら「あと、ちょっとだけドリルがある」って言ってたんだけどね、その日に「じゃ、今日終わりにしなさいね」って言ったので、てっきり終わってるのかと思ってた・・・

午前中~2時間ほど過ぎ・・・お昼ご飯!
「あと、どのくらいかかる?」と聞いたら、なんと「2時間くらいかな~」って返事が
「あと何ページ?」と聞いたら「18ページくらい」との返事
ドリル1冊やってなかったようです
映画どころじゃないって

良かった~、おでかけイベント中止で・・・もし、これいってたら31日とっても大変なことになってたよ
にしても、ドリル系は、てっきり学童でやってると思ってたんだけど・・・あまかったね
学童での勉強時間・・・何やってたんだか。。。

夏休み最後は、ドタバタでした


さて、お届け物~

明治の飲料3点
fc2blog_20160901163037035.jpg
モニター品です。
このシリーズ美味しいので、大好き

ありがとうございました



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コウさん!
そう、本来ならば、夏休み始まって即終わらせてくれ!と、言った感じだよね~
だから、読書感想文も、自由研究もかなり早く終わったんだよ~
それが、まさかドリルが終わってないとは、思っても見なかったわ~~~
来年は、これを教訓にしてくれるとありがたいけど・・・来年になったら忘れるかな~笑
2016/09/05(Mon) 17:05 | URL  | ぐりん #-[ 編集]
おはよう!
ドリル~娘ちゃんやるね~^^
私、娘に「宿題はやくやった方がいいから~」って口すっぱく言ってたんだけど、娘が「先生は一気にやってはダメ、ゆっくりやってください」って言ってたって。。。そりゃ、それが一番いいに決まってるけどさ、親の宿題(?)っていうような調べものとかもあるしさ、、、お盆明けに急いでやるのイヤだしね~。娘ちゃん何とか間に合ってよかったね。
2016/09/05(Mon) 08:34 | URL  | コウ #-[ 編集]
ゆいかママさん!
ドリル~!あんなに残っていたとは驚きよ!!!
去年、ドリルは7月中に終わっちゃったので、今年は、学童でやることなくなったら困るから、のんびりやりなね~と言ったのが間違いだった・笑
でも、やっとはじまった2学期~~~
がんばらねば!!!
2016/09/02(Fri) 17:07 | URL  | ぐりん #-[ 編集]
ぺぺままん。さん!
宿題~~私は子供の頃、即終わらせる派だったんだけどねぇ。。。
そうそう、答え付!一応、親が持っててくださいねってことなので、◎付けしなきゃなので親用?
いや、でも最近の学校の教え方も「わからなかったら、答えを見て、それでときかたを覚えて次からは間違えないように」って感じだよね~それもどうかと思うけど・・・

登校日3日もあったの~?!
3回に分けられたら・・・どれがどれだかわからなくなるよね^^;
机~~~我が家もひどい状態です・笑
2016/09/02(Fri) 17:05 | URL  | ぐりん #-[ 編集]
うわ~★ドリル忘れか~!!それはびっくりだねw
子どもちゃんもかわいそうだけど我慢!我慢だね★
でもやっと夏休みも終わって給食も始まって楽になったよね(*^_^*)
9月~重たい腰をあげて応募頑張らないとね~
2016/09/02(Fri) 16:19 | URL  | ゆいかママ #-[ 編集]
(○´∀`)ノオハヨ~ゥ♪

あぁ宿題・・・

やらなアカンねん~解ってるんやで~
とか言いながら夫にケツ叩かれて
オトメンは終えてたけど^^;
何処のご家庭も似た物よねwww

だけどさ~学校の宿題って最近は
宿題なのに答え付きだよね???

大阪もそうだったけど驚くわ。

答え有ったら意味ねーやーん
と私も夫も思ったけど・・・
先生が楽なんかね?←考えすぎ?

登校日が計3回有ったのだけど
その都度、登校日毎に〆切りの宿題が有ってね・・・

「どれが何時まで???」

かなりオトメン(。´・ω・)?になってた。

机片づけろw笑

これは県によるかもだね^^;
2016/09/02(Fri) 09:27 | URL  | ぺぺままん。 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック